MESSAGE
私たちの思い

 1951年(昭和26年)に、先代社長 高嶋 巌が有限会社高嶋組を設立し、その後、日本の経済も目まぐるしく発展をし、土木、建設業界も景気が良くなり社業も発展して、1980年(昭和 55年)株式会社高嶋組となり現在に至りました。1955年、昭和30年代は雄勝町や皆瀬村、 稲川町、東成瀬村、秋田県の公共事業を受注し、1965年、昭和40年代になり国営工事を受注 するようになりました。その間、秋田県優良工事表彰、各地域団体の感謝状等をいただき、誠実、 誠意を持って地域社会の発展に貢献してきました。


経営理念

会社の繁栄と社員の幸福を目指し、 地域社会の繁栄と発展に貢献する

 

 (株)高嶋組は、地域社会の社会資本の整備を担い、地域に住む人々の生活基盤の安定を図り、地域社会の繁栄と発展に貢献する企業である。この事はしいては会社の永久存続、全社員の幸福につながる事である。社会から信頼と信用を得るためには、顧客のニーズをとらえ、技術力の向上に努め、生命を大事にし、安全な作業に努め、社会にとってより良いものをつくることである。その為には、綿密な計画と周到な準備をし、必ずやり通すという決意、現場を研究熟知し、 随時点検確認、正確性を求め良い仕事をしようとする心構え、又現場の自然、環境美化に努め、作業能率を高めるために、各自責任を重んじ、常に人の和を考え、不備のない仕事をすることが求められる。我々は会社の繁栄と、社員の幸福を目指し、仕事に自覚と誇りと責任を持ち、安心感と信頼、信用を得て、地域社会の繁栄と発展に貢献することである。

 

社訓

 仕事に自覚と誇りを持ち、お互いに信頼し、尊敬し、自信を持って仕事を進める為に、社訓を下記に示す。

 

 

社是

無限の可能性に挑戦し、人生を楽しく生きる

(何事にも前向きに進み、チャレンジ精神を失わず、面白く、楽しく、仕事をしよう。)